日本共産党・渋谷区議会議員・田中まさやさんの活動を紹介、応援するブログです。 


by tanakamasayan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年4月27日号

「いのちを守る福祉と防災のまちづくり」。区民の切実な願いです。しかし、区長の提案した平成24年度予算は、この願いを裏切るものでした。
とりわけ、福祉については、高齢者や生活保護者の命の綱を削る切り捨ての総攻撃が加えられました。
一方では、住民合意のない原宿警察署跡地利用計画には19億円も使いながら、区民のいのちを守る予算を削ることは許されません。

高齢者、障害者、生活保護世帯の命と暮らし守れ
区民のくらしは深刻なのに新年度予算では、介護保険料、後期高齢者医療保険料の大幅値上げによる区民負担増は8億8,320万5千円にも。さらに国民保険料の負担も重くのしかかります。

生活保護の特別対策給付金の廃止は、「電気代も払えず、コタツに電気も入れなれない」など、最低限度の生活を強いられている生活保護世帯を苦しめるものです。
高齢者・障害者の生活に欠かせない配食はサービスについては、総額3,903万円もの負担増の押し付けに。今回の負担増によって、食事の回数を減らしたり、栄養のバランスのとれた食事をとれなくなった方も出ています。高齢者世帯の孤立死が社会的問題になる中で、配食の際に行われていた安否確認もおこなわれない場合もでてきています。
介護ヘルパーの時間短縮では、「今まで、一回の訪問で洗濯も買い物もやってもらえていたのに、どちらか一方しかしてもらえなくなった」などの怒りの声が上がっています。
党区議団は、予算修正案と条例提案で、削られた福祉の復活と一層の充実のための提案を行いました。(下表)

b0144566_1312233.jpg


日本社会の立て直しで力合わせ
「給料も払えず、年金で消費税を払っている。増税されたら廃業だ」、「年金は減る一方。増税されたら生きてゆけない」。消費税増税反対の声は、6割近くに…。それなのに、野田首相は、消費税の増税に「政治生命をかける」と言っています。
日本共産党は、「消費税に頼らずに、社会保障を充実し、財政危機を打開する提言」を発表し、各界への申し入れや懇談を進め、どこでも大きな反響を呼んでいます。
消費税増税は、国民のくらしや雇用の7割を支える中小業者を破壊し、日本の経済に大打撃となります。一方、日本共産党の提言は、ムダの削減と富裕層への増税を財源に社会保障を充実。賃金の引き上げと正社員が当たり前の雇用のルールをつくって、経済を立て直し、税収を確保する提案です。だれもが一致できる日本社会の立て直しの方向ではないでしょうか。
今こそ、希望ある日本を作るために、党派の違いを超えて力を合わせる時です。
[PR]
by tanakamasayan | 2012-04-27 00:00 | 田中まさや区政リポート
2012年4月20日号

 東日本大震災から1年、平成24年度予算では、いつ起きてもおかしくない震度7クラスの直下型地震に対応する本格的な防災対策が求められていました。
 しかし、区長の提案した防災対策は、帰宅困難者対策として事業者との連携を強化することと、震度7に対応する「ハザードマップ」の作成、「情報伝達手段の確保」として、防災無線のデジタル化やエリアメールの活用などにとどまっています。何よりも求められている地震災害を未然に防止し、被害を最小限に食い止めるための予防対策を後景に追いやったものでした。
 例えば、区民のいのちを守るためのカギとなる「倒れない、燃えない」街づくりの予算では、建築物の耐震促進補助事業として、12億1399万1千円を計上していますが、そのほとんどが都の事業である緊急輸送道路(甲州街道)沿道マンションの耐震化助成で11億5975万8千円となっており、区独自の耐震化、不燃化の予算はほとんどないのです。

党区議団は、予防重視の本格的防災対策を提案
党区議団は、予防第一の防災対策へ立ちかえり、区民の命と財産を守る自治体としての責任を果たす基本理念を確立することが必要だと強調。
 第1に、避難所となる小中学校、保育園、病院、福祉、障害者施設などの耐震化を直ちに行うこと。第2に、民間住宅の耐震化、木造密集地域の不燃化・耐震化、第3に、水・食料などの備蓄の確保、第4に、区独自に帰宅困難者対策を強化すること、第5に、災害時の拠点となる出張所機能の強化と区職員の体制確立などを提案(下表参照)しました。

b0144566_16123686.jpg


今こそ、原発ゼロへスタートを
 政府は、大飯原発3・4号機を、「政治的判断」で再稼働させようとしています。
 これに対して、地元福井県や50キロ圏内にある京都府、滋賀県は、国民、住民合意がないとして反対を表明しています。過酷事故を起こしていまだに終息の目途もたたない福島第一原発の事故原因も解明されず、大飯原発の安全対策も確立せず、原発からの撤退の道筋も明らかでないのに、夏場の電力供給が不足するなどと根拠も示さず国民を脅して、原発の再稼働に道を開くことは断じて許されません。
 いま原発と人類は共存できるのかが問われています。福島では、故郷を奪われ、家族と別離せざるを得ない子どもたちがたくさんいます。子どもたちに、再び悲しい思いをさせるわけにはいきません。5月5日、北海道の泊原発が定期点検で停止すれば、日本の原発54基はすべて停止することになります。この日を、原発ゼロの日本への第一歩となる日として、子どもたちにプレゼントしましょう。
[PR]
by tanakamasayan | 2012-04-20 00:00 | 田中まさや区政リポート