日本共産党・渋谷区議会議員・田中まさやさんの活動を紹介、応援するブログです。 


by tanakamasayan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0144566_14373372.gif今回の都議会議員選挙は、渋谷が定数2の選挙区になって初めて、共産、自民、民主党の三つ巴となってたたかわれました。

07年の参院選の得票結果でみると、力関係は、共産党1に対し、自民党は3.3(公明党を含めると4.3)、民主党は4.5でした。今回の都議選の結果は、共産党1に対し、自民1.6、民主2.7まで追いこみました。当選できなかったことは悔しいですが、この数字はすごいことです。

「自民か民主か」の政権交代キャンペーンにも負けず、得票を前回票に5000票上乗せしました。この背景には、石原都政の悪政を支える自民・公明、野党ポーズをとる民主党への批判ですが、何と言っても、田中まさや候補が23年間、住民とともに様々な要求実現の運動でたたかってきたことへの評価と選挙中に訴えた医療費の無料化や保育園の増設、雇用の拡大などの訴えが有権者の心に響きました。

選挙戦の後半、力関係を変える「山が動く」実感を得ました。それは、無党派、他党派の人たち、これまで他党の強い支持者が田中まさや候補の支援に回っていることが見えてきたからでした。

「現職都議はひどすぎる、今度は田中さんだ」、「75歳以上の医療費無料化は賛成」、「39人の学級は子どもがかわいそう」・・・まさに、党派を超えていろんな願いが田中候補にと広がりました。さらに、高齢者の医療費無料化、都立広尾病院を守る運動、30人学級の実現の運動に向けて、住民との共同をひろげれば、必ず山は動くと確信しました。

8月30日、総選挙、未来がかかった大決戦。いまこそ出番!日本共産党です。(I)
[PR]
by tanakamasayan | 2009-07-22 14:37 | 都政の窓
b0144566_14302039.gif

7月12日、都民のくらしのかかった都議会議員選挙が投・開票されました。「くらし、福祉、雇用を守る都政を」と全力で訴えてきましたが、残念ながら落選という悔しい結果に終わりました。

 得票は、14,579票(得票率18.61%)、前回比5,259票増(2.36ポイント増)。07参議院選挙での党の得票を9.9ポイント上回る前進を切り開きくことができました。

 1年半の活動の中で、都政を変えるために、多くのみなさんと力を合わせてたたかえたことをこの上なく誇りに思います。

切実な願いに応えて…

かつてなく広がった都民の暮らしの痛みと願いを必ず都政に届けたいとの思いは、多くのみなさんに受け止めていただきました。

「65歳以上の医療費無料化は夢だけど、願いを託したい」「安心できる介護制度を」「どの子どもにも目が届くよう30人学級を実現して」「中小業者の仕事と雇用を守って」「学童も保育園も、都に保育の責任を果たさせて」などの声が寄せられ、党派の違いを超えた支援の輪の広がりを実感しながらの選挙戦だっただけに、大変残念に思います。

この間いただいた激励や願いに応えて、都政に届け、その実現のために今後とも全力を尽くす決意を新たにしています。

希望ある日本の未来へ

 都議選直後、麻生内閣は、7月21日、衆議院を解散することを決め、8月30日投票で、総選挙が行われることが確実視されています。

都議選では、都政の中身はそっちのけで、「政権選択」のキャンペーンが吹き荒れました。今度こそ、国民のくらしと日本の未来のかかった総選挙です。消費税増税と改憲を競い合う自民、民主では、国民のくらしは守れません。

悪政の競い合いにストップをかけ、財界・大企業いいなり政治、アメリカの軍事優先に追随する自民党政治を変え、国民が主人公の政治へ転換するために、いただいた支援の輪をさらに広げに広げて、共に希望ある日本の未来を開きましょう。
[PR]
by tanakamasayan | 2009-07-22 14:28 | 田中まさや区政リポート
 「1年半、党の力をつけ、多くの願いを結集して頑張った結果、突風の中でも得票を大きく伸ばせて良かったですね。元気をもらいました」。兵庫県の姉の友人からの激励です。

 今回の選挙では、北は北海道から西は山口まで、全国から大きなご支援をいただきました。「全国は一つ」の熱い思いに、感激しています。

 我が家では、前回票を身長になぞらえて、「180㎝の巨人二人対90㎝の小人対決」などと言って、子どもにも選挙のことを分かってもらう努力をしてきました。妻や子どもたちも、一緒に厳しい選挙をよく頑張ったことは大きな喜びです。

 選挙中、小中学生の子どもたちから、沢山声援をもらいました。声援してくれた中学生達と話しをする機会がありました。「夢って何?かないっこないじゃない」「本当の友達が欲しい」など、結構真剣に話しをしてくれました。
 この子どもたちが夢を持てる世の中、本当に信頼しあえる友達づくりができる社会をつくることは、大人の責任です。そのための政治と政治家の責任は重大です。

 選挙は負けましたが、子どもたちの希望と未来を開くために、総選挙勝利めざして、ともに力を合わせましょう。
[PR]
by tanakamasayan | 2009-07-22 14:15 | 田中まさや区政リポート
b0144566_2157521.gif いよいよ都議会議員選挙が明日告示となります。

 出馬表明して一年五ヶ月、多くのみなさんに支えられ、励ましに元気を頂いて頑張ってきました。

 一人ひとりの住民のみなさんと接するなかで何よりも感じることは、本当に、くらしを何とかしてほしい、政治を変えてほしい、という切実な願い、共産党への期待が伝わってくることでした。

 派遣ぎりにあってと絶句する青年、医療費も払えなくてと涙する高齢の方、子どもが保育園に入れなくて職場を失ってしまうと途方にくれるお母さん・・・数えられないくらいの、心が痛むものでした。できることは最大限、区議のみなさんや都議さんの力も借りて解決のために力を尽くしてきました。しかし、相談や訴えのほとんどが政治の責任だと私は思います。政治の責任で解決すべきであり、解決できると確信しています。

 私は、高齢者の方々が安心してお医者さんにかかれるように、医療費を無料にしたい、どの子も保育所に入れるように認可保育所を増やしたい、生活密着型の公共事業を増やして中小企業、中小業者に仕事がまわるようにしたい、そこで若い人たちが安定した雇用につけるようにした、都政の場で、都議会でその仕事がしたい、と心底思っています。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 都政は「自民か民主か」ではありません。

 自民・公明とともに民主党も都政の与党です。
 「住民の福祉とくらしを守る」という自治体本来の役割を投げ捨てた石原都政。都議会では、知事提出の議案1149件にたいし、自民党、公明党は100%、民主党も99.3%と、ことごとく賛成してきました。

 民主党は、破綻した新銀行東京を「史上最悪の失策」とマニフェストの第一にかかげ大宣伝しています。しかし、都民の税金1000億円を使って設立するとき、「夢とロマンのもてる新銀行」とほめたたえ、自民党・公明党とともに賛成した事実は消えません。

 反省なしに「野党ポーズ」をとるのは、都民をあざむく不誠実な態度ではないでしょうか。

渋谷の二つの議席を、石原与党の自民・民主に独占させるわけにはいきません。福祉や暮らしを削る「逆立ち都政」を、いまこそ変えようではありませんか。みなさんの願いが通る都政、くらしと雇用、医療と福祉、子育て、中小業者支援ができる都政にするために全力を尽くします。
[PR]
by tanakamasayan | 2009-07-02 21:58 | 活動日誌