日本共産党・渋谷区議会議員・田中まさやさんの活動を紹介、応援するブログです。 


by tanakamasayan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0144566_1114081.jpg元旦の新春街頭宣伝の予定です。

10:00 千駄ヶ谷駅
10:25 東急プラザ前
10:45 恵比寿駅西口
11:10 代々木駅
11:30 参宮橋駅
13:00 あかねパチンコ前
13:15 幡ヶ谷社教前
13:30 富士見高校前
13:50 笹塚モール前

※おおよその目安です
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-26 11:02 | 田中まさや区政リポート
渋谷労働基準監督署、ハローワーク渋谷、渋谷区役所へ、青年の雇用を守り、拡大する要請を実施

b0144566_20332041.jpg 日本共産党は、志位委員長先頭に、国会での質問、首相への申し入れ、不法な解雇を進める大企業や日本経団連への直談判など、「師走の寒空に放り出される労働者を一人も出さない」決意で党を挙げて運動してきました。その結果、12月9日には、厚生労働省が労基署、ハローワークに不法不当な解雇をさせないよう指導を強める通達を出しました。 
こうした中、10.5全国青年雇用大集会実行委員会と共産党区議団、太田のりおき事務所は、12月19日、青年の雇用を守り、拡大するための要請行動を、渋谷労働基準監督署、ハローワーク渋谷、渋谷区役所に対して行い、私も参加しました。
当日、麻生首相が渋谷のハローワークの緊急視察を行い、私たちの要請にも監督署長、ハローワーク所長が対応するなど、異例の要請行動となりました。

「失業者がふえ、大変憂慮している」---労基署長

 渋谷労基署長は、「4月から10月の区内失業者は、16300人で昨年比8%も増えている。大手の倒産も相次いでおり憂慮している。解雇については、法令と判例に基づいて指導を強め不法不当な解雇が行われないよう全力を挙げる」と回答しました。
また、「賃金不払いなどの窓口相談も昨年比31%増えている」のに、渋谷・世田谷管内の約46000事業所をわずか11人の監督官で対応している実態も明らかになりました。
 
「みなさんの要請は理解できます。応えられるよう全力をあげます」
--ハローワーク

b0144566_20341234.jpg 首相視察直後のハローワークでは、「おたく(都議団)の大卒者の内定取り消し調査を受けて、『内定取り消しは違法』の文書を大卒・高卒者の採用予定企業へ直ちに送った」、「厚労省通達に従って、管内383の大手事業所に対して、整理解雇4要件を守り、不当な解雇はやめ、雇用を拡大するよう文書を送った。所長の私も直接事業所に出向きたい」、「緊急相談窓口には、54件の相談があった。全都で3000人失業が見込まれる中、先週までに1920人の求人を確保した。渋谷でも300人の雇用を確保しその内125件は住宅付き求人です。みなさんの要請に応えられるよう頑張ります」との回答でした。
私たちの闘いと世論が、政治を動かし、現場を励ましていることを実感しました。
要請終了時も、緊急相談窓口は、相談者でいっぱい。引き続き若者の雇用と希望ある未来を実現するために全力を挙げます
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-25 20:34 | 田中まさや区政リポート
b0144566_21144016.jpg 連日、不況を口実にした首切り雇い止めなどが大問題となっています。生身の人間を師走の寒空の中に放り出すことなど絶対に許すことはできません。
12月13日(土)、日本民主青年同盟再建大会が開催されました。渋谷の青年の「駆け込み寺」、仲間の願いの実現のためにたたかう渋谷の砦が14年ぶりに再建されました。
私も、若い仲間と一緒に再建にとりくんできた一人として、またかつての渋谷の地区委員長として、喜びもひとしおです。
今年、渋谷の同盟員たちは、10.5青年雇用大集会渋谷実行委員会を結成し、学習会、宣伝、『蟹工船』上映会などにとりくみ、集会当日には27人の仲間が参加するなど、人間らしく働きたい!と願う青年の先頭に立ちました。また、「渋谷から平和を発信しよう!」と9.15ラブ&ピースイン渋谷を開催、500人の参加で成功させました。
総選挙勝利に向けて、「日本共産党といっしょに日本をかえるネットワーク」での学習会、お帰りなさい宣伝や青年カーも運行しました。
職場や地域の班では、「ヨーロッパの社会保障」学習会や「社会情勢と口腔環境」、「志位ダイジェストビデオ」学習会など、学んで元気に活動しています。
この1年間で、20人の仲間を民青に迎えていますが、再建大会でも、加盟して数か月の青年が、かけがえのない仲間とともに、学び、成長し元気に活動の先頭に立っているのが印象的でした。
雇用、平和、環境など、激動の情勢のもとで青年の生き方をめぐる模索はかつてなく広がっています。いま、民青の出番です。大いに活躍されることを期待しています。
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-19 21:04 | 田中まさや区政リポート
b0144566_21175952.jpg 「小学1年生の長男が放課後クラブに行きたくないというので、20年間働いてきた職場を退職した。そのせいで、妹も保育園を辞めなければならなくなった」
「子育て施策全都一」(日経新聞)と報道された渋谷では、今年4月から学童保育を廃止、子どもの放課後の生活の場が奪われています。
渋谷の学童保育連絡協議会は、渋谷区が学童館を廃止する方針を出した2年前に準備会を結成、学童館が次々廃止される困難な中で、お父さんお母さんが、懸命に運動を続けてきました。私も、子ども二人を学童館に通わせながら、後に続く子どもたちに、「ただいま」「おかえり」と言って帰れる「第2の家庭」を残すために、準備会の発足から一緒に運動してきました。  
12月14日(日)に開催された渋谷区学童保育連絡協議会結成総会&みんなDEあったかクリスマス会には、34人が参加。「全都的に学童保育を全児童対策に解消する動きがある中で、極めて重要」(光武都連協会長)、「子どもたちや働く親にとって、かけがえのない灯りをともし続けて」(講師・松井妙子江戸川区すくすくスクール指導員)など、私も多くの激励をいただきました。また、東京都が独自のガイドラインを策定し、指導と財政的な支援を強めることの大切さを実感しました。
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-19 20:04 | 田中まさや区政リポート
b0144566_1903037.jpg
「22歳なのに歯が1本もないのです。彼は、中学校卒業後、ホームレスでバイトや派遣を転々としています」、歯科医師Mさんは、受診に来た青年に心を寄せ、「若者に人間らしく暮らせる仕事と希望を与えるのは、政治の責任だ」と話してくれました。労働者派遣法の導入以来、青年の雇用と暮らしの状況は深刻です。ワーキングプアやネットカフェ難民が社会問題となる中で、東京でも若者の3人に一人が非正規雇用で年収200万円以下の生活を強いられています。さらに、大企業は、体力があるにもかかわらず不況を口実に非正規雇用の首切り雇い止めなどを進めています。正社員も、大量解雇、賃金カットやサービス残業など労働条件の切り下げを強いられています。まともに生活できる仕事を求める青年の願いは切実かつ緊急です。
とりわけ、本社が集中する渋谷区で、大企業に雇用を守る責任を果たさせることは、社会的影響も含めて、極めて大きな意義があります。
この間、志位和夫党中央委員長は衆議院予算委員会での質問、いすゞやキャノンなどに直接乗り込んで、不法な派遣切り、雇い止めの撤回、非正規から正規雇用への転換を求め、党の存在意義をかけてたたかっています。私も4月に、若者たちと東京労働局交渉に参加し、労基署の体制強化を迫ってきました。
都政では、住民運動と結んだ党都議団の奮闘で、第2次補正予算に、初めて50万人の雇用創設・失対事業などを盛り込むことができました。
今、渋谷では、派遣など非正規雇用で働く中で、自分に自信を失い、人を信じることができなくなっていた若者が、あいついで党や民青同盟と出会い、人間らしく生きる希望を見出しています。
若者から、人間らしさ、生きる希望を奪う自公政治を終わらせましょう。日本の未来を担う若者たちに、人間らしく生きる喜び、希望を持てる社会をつくるために力を合わせましょう。
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-09 19:03 | 田中まさや区政リポート
渋谷から学童保育がなくなって、半年が経ちました。
子どもたちは、元気に放課後を過ごしているでしょうか。うれしい時、かなしい時、つらい時、心寄せあえる仲間、「ありのままの自分」を受け止めてくれる生活の場はあるでしょうか?お父さん、お母さんは、毎日、安心して働けていますか?
渋谷区学童保育連絡協議会は、子どもたち、お父さん、お母さん、みんなが安心して過ごせる放課後を実現するために、励まし合い、力を合わせています。私も子どもを学童館に通わせて、学童保育の大切さを痛感し、協議会に参加してきました。同協議会は、この度、結成総会&クリスマス会を開催することになりましたのでご案内いたします。

●渋谷区学童保育連絡協議会結成総会&あつたかクリスマス会
12月14日(日)午後3時~7時  (共催・映画研究会)
渋谷区桜丘町会施設2階(渋谷区桜丘町30-2 渋谷駅南口徒歩7分)
●午後3時~・結成総会
◆記念講演:「学童保育ってなに?!」
講師:松井 妙子さん 江戸川区すくすくスクール指導員 
  ◆子ども映画上映会
●午後5時~・クリスマスパーティ
「カレーパーティ」、手作りケーキ、プレゼント交換会、その他
参加費 1,000円(子ども無料、プレゼントは300円程度各自持参)
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-09 19:03 | お知らせ
働く者の雇用と生活を守る
労基署、ハローワーク、区役所要請

と き:12月19日(金)

午後1時30分~ 渋谷労働基準監督署
午後2時~    ハローワーク渋谷
午後3時~    渋谷区役所

主 催:10.5全国青年雇用大集会渋谷実行委員会
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-09 19:01 | お知らせ
b0144566_15421282.jpg
 幡ヶ谷3丁目にある中町都営住宅は、老朽化による建て替え計画が進んでいます。都は、当初9階建を提案しましたが、近隣住民から住環境が悪化するとの反対意見が出されたため、協議が続けられ、都は7階建案を提示しました。これに対し、地域住民は、「建替えで個数を増やすことはいいが、日影やプライバシー、地域の高層化を促すなど、住環境の悪化をもたらす」として、階高を6階以下に下げるよう要請してきました。
 三月三〇日の都の説明会でも、参加者した住民のほとんどが7階建案に反対しましたが、都は変更できない、最終案だとして一方的に説明会を打ち切っていました。その後も、住民らは渋谷区や都に対して6階にするよう要望や陳情を繰り返し、トマ孝二区議や私も運動を支援してきました。
 ところが、都は十一月に入って、突然、7階建案での「工事説明会」の開催文書を周辺住民に配布しました。
 一一月三〇日夜七時から笹塚中学校体育館で開かれた「工事説明会」には、住民ら約四〇人が参加、植木こうじ都議(中野選出)、トマ区議と私も参加しました。都側が説明を始める前に、住民の代表が都や区のやり方は紛争予防条例に反していることを訴え、都への要望書を読み上げました。参加した住民から拍手や賛同の声が上がり、工事説明会の中止を求める多くの意見が出されました。トマ区議や私も、住民との話合いを継続するよう求めました。
 結局、都側も、「工事説明会」を強行することができず打ち切りとなりました。
b0144566_15422434.jpg

 7月に私も参加して行った陳情の際、都は、「都心部の貴重な住宅なので、戸数を確保したい。だから7階建が必要」と言っていました。それならば、今年、渋谷駅近くにある都営宮下アパートから住民を追い出して用地を売却しようとしていることをどう説明するのでしょうか。一方、中町アパートは、6階建にしても同じ戸数が確保できます。
都のやり方は、都営住宅の確保という点でも、住民無視という点でも認められるものではありません。引き続き、都のやり方を改めさせるために全力をあげます。
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-02 15:44 | 田中まさや区政リポート
●第4回定例都議会の日程です。

12月2日  開会
12月9日  代表質問
12月10日  一般質問
12月11日~15日 常任委員会
12月17日  閉会
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-02 14:50 | お知らせ
麻生首相、「先読めず 心も読めず 字も読めず」という「朝日川柳」を、友人がメールしてくれました。うまいですね。

 国民には、一回限りの一人平均15000円の定額給付金、3年後には消費税大増税で一人4万円の負担増を一生続けるなど、景気対策の名に値しません。

私も、「消費税増税反対」署名片手に、街頭や訪問で訴えています。英国では、不況対策で消費税を減税、財源は大金持ちへの増税です。この話しには、自民党支持者も納得します。街じゅう怒りで充満しています。この怒りを結集して、解散総選挙に追い込み、暮らし守る国民が主人公の政治を実現しましょう。
[PR]
by tanakamasayan | 2008-12-02 14:16 | 田中まさや区政リポート