日本共産党・渋谷区議会議員・田中まさやさんの活動を紹介、応援するブログです。 


by tanakamasayan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「笹幡23地域・街角演説」(11/8)の応援弁士としての山元さんの訴え

山元美奈子さん(幡ヶ谷在住)

私は、幡ヶ谷3丁目に住んでいる山元と言います。
私は、多発性硬化症という進行性の難病です。体中の免疫が勝手に働き、視神経や運動神経、感覚神経といった中枢神経を攻撃するため、目が見えなくなったり、動けなくなったり、感覚がなくなったりします。根本的な治療法がないために、今は発病したら、とりあえず免疫がそれ以上働かないようたたく免疫抑制剤を使い、症状を抑えるしかありません。

実は、数日前に、急に左手左足の力が入らなくなり、顔の感覚もないという症状で再発しました。
主治医はすぐに「免疫抑制剤の大量点滴を入院で」となったのですが、病室が満室で入院できなかったのです。結局、病院の近くに住んでいる知り合いの家から通院しながら治療しました。
しかし、私だけでなく、急患で受診した年配の男性も急ぎ入院が必要だったのに、だいぶ離れた病院で、しかも一泊5250円の個室しか空いてなかったそうです。「なるべく早く大部屋に移すから」と、先生が申し訳なさそうに言っていました。
今、妊婦さんの緊急受け入れ困難な事態が問題になっていますが、難病患者もまったく同じ状況です。

渋谷区内でも、最近だけで、公立一つ、民間病院二つが閉鎖したり、入院をなくしたりするなどのなか、ベット数が約1000床も削減されていると聞きました。
これは、80年代からすすめられてきた医療費抑制政策のもとで「お医者さんが多すぎる」と医学部の定員を削減し、病院経営を効率化すべきだと長期の入院や治療が受けにくくなっているためです。こんな政治をこのまま許しておいてよいのでしょうか!「お医者さんのモラルの問題」だという経済相や、「非常識な医師が多い」と麻生首相は言いますが、そんな問題ではありません。
もう、こんな社会は変えてほしい!誰もが安心して治療ができる社会に!それが私の願いです。

 日本共産党の参院議員の小池晃さんは、地元の代々木病院のお医者さんでもありました。国会で、私たち難病患者の声を何度も取り上げてくださっています。もっともっと日本共産党に大きくなってもらい「誰もが安心して治療が受けられる社会にしてほしい」と思います。谷川智行さんもお医者さんです。私のこの状況をキチンと聞いてくださった、太田のりおきさんや田中まさやさんに、国政、都政で、何としても活躍していただきたいと思います。
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-25 17:04 | 応援コメント
10月に起きた、妊婦さんが8つの医療機関に受け入れを断られた揚句に、脳内出血でなくなられた事件は、首都東京でも「医療崩壊」が深刻になっていることを示しました。

 毎年2200億円の社会保障費を削り続け、医療費抑制政策を続けてきた自民、公明政治を変えて、医師・看護師を増やし、診療報酬を引き上げるなど、国民の命と健康を守る政治への転換は待ったなしです。

 受け入れを断った病院の中に周産期救急センターである都立墨東病院が含まれていました。都民の命と健康を守る都政の責任が改めて問われています。

 石原都政は、都立病院への一般会計からの繰入約440億円を減らすめたに、2001年の「都立病院改革マスタープラン」で、都立病院を半減させる統廃合計画を打ち出し、その後、病院の経営を都立直営から「公社」「地方独立行政法人」へと変えようとしています。

 渋谷では、この10年間の間に、一般病床は約1000床も減り、中小病院の経営は危機的状況が続いています。大病院も差額ベッド代などで患者負担を増やさざるを得ない状況です。

渋谷にある都立広尾病院は、23区の災害拠点病院であり、循環器、精神科、産科、小児科と併せて、島しょ医療も受け持っています。周産期医療では、渋谷区での出生数約1300人の内の15%を超える子どもたちが、広尾病院で生まれており、区民にとっても、なくてはならない「命の綱」の役割を果たしています。

仮に、不採算部門の切り捨てが進めば、採算の取りにくい周産期医療や精神科などへの影響が心配されます。先に公社化された品川区の荏原病院では、産科が閉鎖され、いまだに再開されていません。

格差と貧困の広がり、医療崩壊が叫ばれる中で、公的医療機関の果たす役割は、ますます重要です。都民のいのちと健康を守るためにも、都立病院を都立のまま存続・充実させるために力を合わせましょう。
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-25 17:03 | 田中まさや区政リポート
 11月21日、渋谷社会保障推進協議会の主催で「どうなる!渋谷の医療と介護」のシンポジウムがおこなわれ、会場いっぱいの80人が参加しました。
 シンポジウムは社保協会長の福井典子さんのコーディネーターですすめられ、日本共産党渋谷区議団のすがの茂さん、はたがや協立診療所の園田医師、介護事業者、介護サービス利用者のみなさんからそれぞれの立場から報告され、参加者からの発言など、活発な意見交換がおこなわれました。
 特に、退院後の在宅を支える医療について、日中独居の高齢者は食事が不規則になり、排泄などヘルパーの日常的な手助けが必要なケースが多く、地域での医療と介護の連携が大事になっていること、また、介護の現場からは、赤字で火の車だがヘルパーが一生懸命やっていること。介護報酬をあげて安定した職場にするため協力をよびかけました。
 介護サービスを受けている80歳の男性は、後期高齢者医療制度で、これまでの国民健康保険料は夫婦で75,160円だったものが、166.600円になり91,000円もあがった。介護保険料や利用料の負担は生活を脅かしていると訴えました。
 b0144566_1645021.jpg参加者から発言が相次ぎ、2時間があっという間に過ぎてしまいました。田中まさやさんは、この間の青山共済病院の廃止をはじめ、一般病床が減少しているとき、地域医療、周産期医療の拠点である都立広尾病院を都立のままで残していくことが重要になっていると、区民運動にしていくことを訴えました。(Ⅰ・T)
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-25 16:05 | 活動日誌
b0144566_15382772.jpg11月19日青山学院大学9条の会準備会主催のシンポジウム「軍隊のない国からのメッセージ 世界を幸せにする方法」が開催され、場いっぱいの36人加、全員の拍手で青山学院大学9条の会が結成されました。
 準備会にも参加した青山学院大学大学院法務研究科教授の新倉修教授と軍隊を持たない国サンマリノ共和国のマンリオ・カデロ駐日大使のシンポジウムでは、大使への質問が相次ぎました。
最初にあいさつに立った新倉教授は、「改憲の動きは、世論の力で遅くなっているが、なくなったわけではない。国民投票法が成立しており、改憲の時限爆弾を止めるのは若いみなさんだ」と訴え共感の拍手に包まれました。また、「サンマリノには消費税はあるのか」との質問に対して、カデロ大使は「軍事費に税金を使わないので、すべての医療費は無料だし、教育費も大学まで無料です。9条が世界に広がれば、飢えや貧困も無くすことができる」との発言に、みんな大きくうなずいていました。最後に、「憲法の改定に反対し、誰一人として戦争の被害者にならない世界の実現を目指します」とのアピール文を採択して閉会しました。
青学9条の会準備会は、3人の学生有志で始まり、大使館への要請や大学門前でのチラシ配布など成功のために全力を挙げてきました。中心になった1年生の学生は、「こんなに集まってくれて感動しました。青学の学生にもっと平和について考えてほしい。その一歩を踏み出しました」と感動を語っていました。(田中まさやさん談話)
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-23 15:38 | 活動日誌
b0144566_11284246.jpg田中まさやさんの民主文学への投稿文を紹介します。

---

多喜二の意志を継ぐ者たち

 戦前の共産党員作家・小林多喜二の「蟹工船」が若者の間でベストセラーになっているという。私も、高校時代に「蟹工船・党生活者」と出会って以来、懐かしく読み返してみた。
当時は、助けのはずの日本海軍によって弾圧された労働者に心を寄せ、権力への憤りで胸を熱くした覚えがある。いま読み返すと「彼らは立ち上がった。再び」で結ばれているこの一文が、物のような使い捨て労働を強いられながら、団結して立ち上がり、弾圧されてもなお立ち上がる労働者への心の底からの連帯と勝利への確信が刻み込まれていることが痛いほどわかる。
 79年前といえば、絶対主義的天皇制が荒れ狂い、労働者や農民が団結して立ち上がることさえ許されなかった時代である。ましてや共産主義思想そのものが弾圧の対象となり、多喜二自身も治安維持法による弾圧と拷問で命を奪われている。
 いまも、戦前のように命までは奪われなくとも、同じように働く者や国民が人間らしく生きることを許さない政治がまかり通っている。これに対して、多くの若者が「蟹工船」に惹かれ、自らも団結して悪政に立ち向かうという、もっとも人間らしい生き方を歩もうとしている。私もその一人として、多喜二の果たし得なかった理想を実現するために力を尽くしたい。

2008.11.1
田中 正也
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-23 11:29 | 応援コメント
b0144566_101336.jpg私(田中まさや)も、お話しします!

▼「11.24表参道・大街頭演説」
とき:2008年11月24日(月・祝)正午~
ところ:原宿・表参道交差点・GAP(ギャップ)前

▼弁士
・小池晃参議院議員
・谷川智行(医師)
・太田のりおき7区国政対策責任者
・田中まさや 東京都議会議員予定候補

▼青年宣伝
AM11:00-12:00 日本共産党と一緒に日本をかえるネット渋谷青年宣伝も行っています。大街頭演説の後は青年キャラバンカー宣伝も!

ぜひお越しください!
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-22 00:58 | お知らせ

若い力が輝いています!

b0144566_0471251.jpgいま、渋谷の青年が元気に総選挙に立ちあがっています。
 7区の「日本共産党と日本をかえるネットワーク」(青年学生後援会)で開催した「10.15日本共産党と変えよう!青年トーク集会」を25人の参加で開催したのを始め、この間、5回のお帰りなさい宣伝と2回の青年キャラバンカーに延べ35人が参加するなど大奮闘しています。私も、毎回の行動に参加しています。
 12月13日には、念願の民青渋谷地区委員会再建、12月20日には、渋谷青年クリスマスパーティを開催する予定です
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-18 00:46 | 田中まさや区政リポート
b0144566_045473.jpg中野通り(都道補助26号線)が新設(拡幅)されて2年が経とうとしていますが、周辺住民のみなさんから「交通による振動で夜も眠れない」「違法駐車が多く、排ガスやゴミのポイ捨てなどで環境が悪化している」など、何とかならないかとの相談が寄せられていました。
 この間、地元の支部のみなさんや森区議と一緒に相談にのり、現地ウォッチング、東京都第二建設事務所や消防学校などへの要請を行ってきました。
 要請にこたえて、第二建設事務所の補修課長も現地視察に訪れ、十一月中に、震動の原因となる道路の段差を補修することになりました。住民のみなさんからも、大変喜ばれています。
 都道補助26号線の新設問題については、20年以上前から地域のみなさんと地元の支部が一緒になって運動してきており、地元のみなさんの党への信頼も高まっています。
もともと軟弱地盤のために生じている震動被害や違法駐車対策、建設工事による家屋被害の補償など、まだまだ課題は残されていますが、引き続き粘り強く運動を支援してゆきます
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-18 00:44 | 田中まさや区政リポート
渋谷区が、本町小、本町東小、本町中を統廃合して、本町小中一貫校建設計画を強行している問題で、教育委員会主催の基本設計説明会が3回にわたって開かれ、私も参加しました。地域に開かれた説明会は初めてです。住民や保護者からは、「なぜ、本町に一貫校なのか」、「本中の入学生が減っている。どう考えているのか」など、計画自体にかかわる質問も出されました。
教育長は、計画について「義務教育の期間の各教科を体系的に学ぶ。他者への思いやり、命の大切さ、豊な心を育む。社会性を育てる」などを理由に挙げましたが、本町地域の子どもが、「6年間ともに学んだ友だちと、地元の学校に行きたい」という思いを上から踏みにじることは、教育とは相いれません。
住民からも、「本町に住んでいる子どもたちが本中に行けるようにして」との声が上がりましたが、一人ひとりの子どもたちの学びと成長を育むために、保護者、学校、地域が力を合わせることが今の教育に求められているのではないでしょうか。
計画は白紙撤回し、地域で子育てできる環境を守り育むために、みんなで力を合わせましょう。
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-18 00:40 | 田中まさや区政リポート
渋谷区は、「中一プロブレム」、「不登校」などの解消を理由に、本町小、本町東小、本町中を統廃合して、本町小中一貫校建設計画を、強行しようとしています。本町地域には、年間百人を超える小学校の卒業生がいますが、今年の本町中一年生は十九人、「六年間ともに学んだ友達と、なぜ、一緒に地元の学校に行けないのか」。子どもも保護者の心も傷つけられています。保護者は、三月に区長、教育長に対して計画の「延期」を求める署名を提出しましたが、これを無視して計画を進めています。
 十一月九日、地域に開かれた初めての「説明会」が行われ、私も参加しました。「今の小学校で、やるべきことをやって進めるのが筋。六〇億円以上の税金投入先にありきでは本末転倒」とい意見も上がりました。教育とは、一人ひとりの子どもの学び、成長を大切にすることが出発点ではないでしょうか。
 私も、保護者の一人として、中止に向けて全力を挙げます
[PR]
by tanakamasayan | 2008-11-11 00:43 | 田中まさや区政リポート