日本共産党・渋谷区議会議員・田中まさやさんの活動を紹介、応援するブログです。 


by tanakamasayan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

No.189 平成26年度当初予算(原案)示される

2014年1月31号

くらし・福祉そっちのけで開発と土地

1月29日、区議会全員協議会に、平成26年度渋谷区当初予算(原案)が示されました。歳入は、一般会計825億円余、特別会計が424億円余と合計1249億9153万円と、前年当初予算比6.4%増となっています。

b0144566_1434572.jpg


しかし、当初予算では、特別養護老人ホームの待機者解消や認可保育園の増設による待機児解消、高すぎる国保料の値上げの中止、中小業者支援の強化など、区民の切実な願いはそっちのけで、ムダな開発事業や区民合意のない土地や保養所の取得に莫大な税金を投入するもので、福祉の増進に責任を負う自治体の役割を投げ捨てる逆立予算となっています。 


トップダウンでムダ遣い
特に、東急グループのための再開発といえる渋谷駅周辺再開発事業に2億3486万円、静岡県河津の第2保養所に1億6千万円(取得費・改修工事費)、住民の声も聞かず幡ヶ谷2丁目のオリンパス本社周辺に防災公園を取得するとして32億円の税金を投入する計画を進めようとしていることは大問題です。


仮庁舎にも税金投入
区民に情報も知らせず、意見も聞かないままトップダウンで進めている庁舎耐震化では、仮庁舎を美竹公園に設置するために設計と工事費用で12億6601万円を計上し、さらに翌年度に必要な予算を確保するとして35億円の基金を計上するとしています。

党区議団は、復活要求、予算修正など、くらし福祉最優先の予算へと転換するために全力をあげます。


東京から消費税NOの声を

安倍首相は今年4月から消費税を8%に増税するとしています。

「消費税が増税されたら、これ以上商売は続けられない」、「物価高、消費税増税、利益も出ないのに年金削減。とても生きていけない」(商店街)、「増税と年金削減、医療費は倍のトリプルパンチ。高齢者いじめだ」(73歳女性)など、地域から怨嗟の声が上がっています。しかも、消費税の増税とセットで社会保障の改悪や大企業減税、ムダな大型公共事業や海外派兵のための軍備拡大がすすめられようとしています。

b0144566_14353260.jpg


国民が待望している景気回復や賃上げを実現するためには、まず消費税の増税こそ中止すべきです。そして、大企業は内部留保を活用し、中小企業には財政支援をして、働く者の賃金を大幅に引き上げること、そして、安倍政権が進める派遣労働の拡大などの雇用破壊を止めて、人間らしく働ける雇用のルールを作ることです。

くらしも経済も財政も破壊する消費税の増税を中止させるために東京から声をあげましょう。
[PR]
by tanakamasayan | 2014-01-31 00:00 | 田中まさや区政リポート