日本共産党・渋谷区議会議員・田中まさやさんの活動を紹介、応援するブログです。 


by tanakamasayan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

No.127 第3回定例区議会・論戦ハイライト①──保護者・住民合意ない統廃合は撤回を

2012年9月28日号

 第3回定例区議会の初日9月19日(水)の本会議での日本共産党区議団の代表質問の中で、池山教育長は、区が強行しようとしている区立代々木小学校と山谷小学校の統廃合計画について、保護者や住民合意がないことを事実上認めました。
 当事者の合意もないのに一方的に統廃合計画を押し付けるやり方を許すわけにはいきません。両校の統廃合は直ちに中止し撤回すべきです。

●「意見をもとに…」
 新保区議は、教育委員会が5月段階の保護者説明会では、「統廃合は前提としない」と説明していたのに、6月30日の両校の保護者説明会で突然、「両校を母体とした新しい学校をつくる」とした教育委員会の決定を一方的に押し付け、9月1日の区ニュースでは、山谷小の新入生は募集しないことを公表したことを厳しく追及。
 これに対して、教育長は、両校で説明会を行い、保護者や住民の「声を踏まえ」て進めていると答弁しました。
 新保区議は、再質問で、代々木小の保護者アンケートでは80%が「統廃合に反対」しており保護者の合意がないことは明らかだとし、学校統廃合は保護者・住民合意をもとに慎重に進めるべきとの文科省方針も示して、計画の撤回を迫りました。
 教育長は再答弁で、説明会の会場から「意見をもらって…」と弁明するのが精いっぱいで、合意なしに強行する姿勢を変えませんでした。
 党区議団は、小規模校の大切さを明らかにするとともに、山谷小校地を使った現地での耐震化の検討も具体的に提案して、統廃合計画の撤回を求めました。

●ハチ公バス・春の小川ルート 一部ルート変更と一日5便増便へ
 渋谷区コミニュティバス(ハチ公バス)の春の小川ルートが、10月1日から一部ルート変更するとともに、一日の運行数を、22便から25便へと5便増便することが、福祉保健委員会で報告されました。
 ルート変更は、現行笹塚駅バス停から笹塚1丁目中村屋前を経由し水道道路へ運行していたのを、変更後は、甲州街道の(新)笹塚駅から、環七~水道道路・富士見ヶ丘学園を経由して水道道路を直進します。

b0144566_1359644.jpg


●本町学園で小中一体の運動会
 秋雨の合間をついて、9月22日、区内初となる小中学生が一緒に行う運動会が本町学園で行われ、私も子どもたちの元気いっぱいの競技、やり抜く姿に元気をもらいました。
 531人の生徒・児童が運動場にあふれ、保護者席も一杯で、急きょ校舎2階のベランダを開放するほどの盛会…。来年、さらに子どもの数が増えると、小中一体開催は困難か、と頭によぎります。運動会の花・応援合戦は1年から9年生(中3)まで一緒で、みんな元気いっぱいです。ただ、小学生用の応援歌を中学生に歌わせるのは無理があるのでは…。
 大人と子どもほど違う子どもたちを無理に一緒にするのでなく、小学生には小学生らしい、中学生には中学生らしい運動会が必要ではないでしょうか。
[PR]
by tanakamasayan | 2012-09-28 00:00 | 田中まさや区政リポート