日本共産党・渋谷区議会議員・田中まさやさんの活動を紹介、応援するブログです。 


by tanakamasayan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

No.111-2 保育園の待機児135人・昨年比7人増—区立保育園つぶし止め、増設を

2012年5月31日号

 今年4月現在の保育園の待機児数が発表されました。(5月23日・文教委員会)
 区の報告によれば、新規入所希望者は1,016人と入所可能数743人を273人上回っています。その内、区立保育室や認証保育園、保育室などの入所者数を除く、どの保育園にも入れない子どもは、135人と昨年を7人上回りました。0歳から2歳の低年齢児は107人と全体の8割近くを占めています。
 しかも、この中には、「第一希望しか申請していない人」40人は含まれておらず、合わせると175人となり、待機児の実態はいっそう深刻になっています。
 渋谷区は、昨年度、民間の西原りとるぱんぷきんすや渋谷もりのこ保育園などの建て替えなどによって122人の定数を増やす一方で、区立西原保育園を休園にするなど、保護者の待機児解消の願いに逆行して、保育に対する区の責任を投げ出しています、

待機児解消は、区立認可保育園の増設で
 区長は、来年度、上原地域、本町地域、代々木5丁目、神宮前地域などに、「子ども園」を設置するなど、4園を増設、400人程度の定数増を行い、平成25年には、待機児をゼロにするとしています。
 しかし申請者数の増加に加え、待機児の多い低年齢児の定数増は新規開設の4園合わせても120人程度しか見込まれないため、待機児解消のめどは立っていません。その一方で、区立の上原保育園(定数62人)、神宮前保育園(同60人)などの廃園を計画しているため、待機児問題はさらに深刻になりかねません。
 改めて、桜丘保育園を廃園にし、西原保育園を休園にしてきた区のやり方に道理がないことが明らかになりました。区は、この2園の募集を再開するとともに、今後の区立保育園の廃園はきっぱりやめ、認可保育園を増設すべきです。

b0144566_1829513.jpg


今こそ、区の保育責任明確に
 国会では、子ども・子育て新システム関連法案が審議されています。
 国会の質疑で、新システムでは、国や自治体の保育に対する責任がなくなるため待機児の数さえつかまなくなることが明らかになりました。保育園に入れず、区に何とかしてと要求しても、区からは、「それは自分の責任でなんとかしてください」と言われて終わりになります。
 区長は、新システムについて、「区の目指すべき方向」とまで言っています。それなら、まず新システムを廃案にして、区民の願いは、自治体が保育責任を果たすことだと示そうではありませんか。
[PR]
by tanakamasayan | 2012-05-31 00:00 | 田中まさや区政リポート