日本共産党・渋谷区議会議員・田中まさやさんの活動を紹介、応援するブログです。 


by tanakamasayan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

No.100 第1回定例区議会へ16件の条例提案 ムダを削り、福祉、くらしの充実を

2012年2月23日

 東日本大震災と福島第一原発の事故から、もうすぐ一年になります。また、区民のくらしや中小業者の営業はかつてなく困難になっています。
 来年度予算は、震災後初めての本格的予算となるだけに、いのちを守る福祉と防災の予算となるかどうかが問われています。
 日本共産党区議団は、区民のくらしと福祉を守り、予防重視の防災対策への転換を求めて、第1回定例会に16件の条例提案(左掲)を行うとともに、予算修正案を提案する予定です。

《条例案の内容》
ムダ遣いの削減:「一」で、区長や副区長の退職金を現行の7割に減額します。
くらし応援:「二」で、現在の住民税の減免制度を拡大し、当該年の所得が小額所得の場合も認めるよう提案。
中小業者支援:「三」は、300万円まで、利率年0.2%、一年据え置き、返済期間10年の条件で、区が直接資金を貸し付ける条例案です。
子育て支援:「四」、「九」、「十」で、すべての第三子の保育料を無料に。「五」は、廃止された「区立桜丘保育園」の再開。「六」は、学童館の復活。「七」は、子ども医療費の無料制度を18歳まで拡大するものです。「八」と「十六」は、ひがし健康プラザの子育てひろばに、職員を配置して、子育て支援センターに戻すものです。
高齢者福祉:「十一」で、65歳以上で介護度4・5の高齢者に対し、介護福祉手当を支給するもの。「十四」で、国民健康保険から後期高齢者医療保険制度になった時の、保険料の負担増を軽減するための制度。「十五」は、高齢者の医療費負担の軽減を図るため、窓口負担を無料化するもので、当面、75歳以上で住民税非課税世帯の高齢者を対象に、10月から実施するものです。
障がい者施策:「十一」で、心身障害者の福祉手当の対象を拡大し、特定疾病の障害者に、現在の福祉手当月額15,500円を18,500円に引き上げ、対象から外された慢性肝炎、肝硬変・ヘパトームの疾病を加えるための条例改正です。

b0144566_16472876.jpg


地域に広がる西原保育園、西原幼稚園残しての声
 渋谷区が、区立西原保育園、区立西原幼稚園を廃止しようとしていることに対して、住民らでつくる「西原の地域問題を考える会」の主催で、2月19日、西原どんぐり公園と地域交流センター西原を会場に、「がんばろう 西原保育園、西原幼稚園 餅つき大会 交流会」が催されました。私も参加して、おいしいお餅もいただきました。
 当日は、保護者や地域の住民、子どもたちなどたくさんの方が参加されていました。事前に「会」が、地域に配布した署名をいっぱいにして持参してくださった保護者や住民の方も多くいらっしゃいました。
 交流会では、西原保育園や西原幼稚園の保護者をはじめ、保育士さんや住民の方も参加され、それぞれの思いを出し合い交流されていました。ある保護者の方は、「こんなに大勢の方が参加していて勇気づけられました。私たちも頑張らなくては…」、「この地域だけで、90人もの子どもが入所可能数を上回りあふれているのに、区立の保育園をなくすのはおかしい」。住民からは、「40年以上も地域の子育てを担ってきた大切な保育園と幼稚園。地域の子育て環境を守るために、どうしても残してほしい」、「などの感想が出されていました。
私も、西原保育園や西原幼稚園が、本当に多くの方から愛されていて、地域になくてはならない「宝物」だと、あらためて実感しました。
 3月区議会では、日本共産党区議団を代表して、新保久美子区議会議員が、保護者や住民の願いをもとに、西原幼稚園、西原保育園を残すよう区長に迫る予定です。
[PR]
by tanakamasayan | 2012-02-23 00:00 | 田中まさや区政リポート