日本共産党・渋谷区議会議員・田中まさやさんの活動を紹介、応援するブログです。 


by tanakamasayan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1万人の署名をあつめよう 広尾病院は都立のまま存続・充実を

b0144566_17291989.jpg

 2月12日、「広尾病院を都立のままで存続・充実させる会」の第2回総会が、恵比寿区民会館で開かれ65人が集いました。「地域医療崩壊ストップ!都立病院の果たす役割と地域住民の要望」と題して井上均代々木病院長が講演され、私もご挨拶させていただきました。
 自公政権のもとで医療改悪と貧困が広がり、「お医者さんにかかるのを控えている」、「1回の薬を2回に分けて飲んでいる」など、深刻な診療抑制が進んでいます。昨年の妊婦さんの死亡事故で、都下でも医療危機が進行していることが明らかになっています。
石原都知事は、自民、公明、民主などの会派と一緒になって、都立病院への予算を削るために、16ある都立病院を統廃合するか公社化・独立行政法人化する計画を進めています。来年度予算でも、八王子小児病院、清瀬小児病院、梅ヶ丘病院を統廃合する条例を提案しています。
都立病院が独立行政法人化されれば、経費節減のため職員を減らし、非正規への切り替えが進むこと、入院期間の短縮や個室料、分娩料などの保険外料金の値上げや入院保証金制度の導入などが検討され、赤字になりやすい救急、新生児、障害者・難病、精神科などの医療も心配されています。

命の尊さはみな同じです

都が、誰でも安心して医療を受けられるよう努力する責任を放棄することは許されません。
この間、党都議団の奮闘で、都立病院の医師の待遇改善や周産期医療体制をはじめ医療の充実を迫り、一定の改善を実現しています。
都立病院の統廃合、公社化・独立行政法人化をストップさせ、広尾病院を都立のまま存続、充実させるために、全力で頑張ります。
[PR]
by tanakamasayan | 2009-02-24 17:36 | 田中まさや区政リポート